元に戻る

ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめると増大効果がなくなり、元のサイズに戻る!ペニスが小さくなる!って噂がありますが本当なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめても元のサイズに戻ることはありません。

しかし、生活習慣が乱れてしまうと、元のサイズに戻ってしまうこともあります。

何が原因で元に戻るのか?
その原因をお伝えします。

ヴォルスタービヨンドの増大理論

血流

ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめて、普通の生活をしていれば元のサイズに戻ることはありません。

なぜなら、ヴォルスタービヨンドがサプリメントで、体質を改善させてペニスを増大させるからです。

要は、体を健康にして、ペニスを増大させているんです。

そもそも、どうやってペニスが大きくなるのかご存知ですか?

ペニスを大きくするには勃起力を上げなくてはいけません。
勃起とは、ペニスの海綿体細胞が血液を吸収することで起こります。

人はエッチなことを感じると、脳から全身に血液をペニスに集めるように命令がくだります。
ペニスは海綿体細胞という細胞でできていて、血液を吸収すると膨張して硬くなります。
海綿体細胞が血液を吸って大きく固くなった状態が勃起です。

この勃起の原理を利用してペニスを増大させています。
つまり、ペニスに多くの血液を送ること、そして、ペニスの海綿体細胞を大きくすること、がペニス増大には不可欠です。

では、ヴォルスタービヨンドがどうやってペニスを大きくしているかというと、血流の改善、海綿体細胞の増大を促しているのです。
直接、ペニスを大きくしているのではない、というのがポイントです。

ヴォルスタービヨンドにはアルギニンとシトルリン、オルニチンといった成分が入っています。

アルギニン、シトルリンには血管を拡張させて血流を良くする効果があります。
血流が良くなると、勃起する時に多くの血液をペニスに送ることができます。

また、オルニチンは成長ホルモンの分泌を促す成分です。
ペニスの海綿体細胞は、筋肉細胞と同じく細胞でできています。

人の細胞は成長ホルモンの作用によって成長します。
海綿体細胞も同じで、成長ホルモンがより多く分泌されると、ペニスの海綿体細胞も成長します。

ヴォルスタービヨンドを飲むと、血流が改善され、成長ホルモンの分泌が活発になり、海綿体細胞が増大するため、ペニスが大きくなるのです。

ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめるとどうなる?

飲むのをやめると

では、ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめるとどうなるのか?

血流が改善され、海綿体細胞が大きくなったおかげでペニスは大きくなっています。
基本的に人間の体はその体型を維持しようと働きます。

ダイエットなども短期間で行うとリバウンドしやすいですが、長期間かけて行うとリバウンドしにくいのは周知の事実です。
これも、その体型を維持しようと働くからです。

ヴォルスタービヨンドを飲んで3ヶ月間という長期間かけて増大したペニスは、そのサイズを維持しようと働きます。

また、細胞単位で増大しているので、元のサイズに戻ることはないのです。

ヴォルスタービヨンドをやめて元に戻る原因

タバコ

基本的には、ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめても元にサイズに戻ることはありません。

しかし、飲むのをやめて元のサイズに戻ってしまう人がいます。
その原因は生活習慣です。

特に以下のような習慣は元のサイズに戻りやすいです。

・タバコ
・運動不足
・睡眠不足

タバコと運動不足は、血流を悪くします。

タバコは血管を収縮させる作用があります。
小さくなった血管は血液が通りにくくなり血流が悪化します。

また、運動不足も血流悪化の原因になります。
筋肉、特に下半身の筋肉というのは、血液循環のポンプの役割を担っています。

ポンプの役割が鈍ると、血液循環が悪くなり、血流も悪くなります。

ペニス増大、勃起のためには血流が良くないとダメだと説明しました。

タバコと運動不足は血流悪化になりますので、せっかく増大しても元に戻る可能性があります。

あと、睡眠不足は成長ホルモンの分泌を減らしてしまいます。
成長ホルモンは睡眠時に分泌が活発になるので、睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が減ると、増大した海綿体細胞が元のサイズに戻る可能性があります。

もし、ヴォルスタービヨンドを飲むのをやめて、上記のような生活習慣をしているのであれば、生活習慣を見直したほうが良いでしょう。

>>>やめても元に戻らないヴォルスタービヨンドの公式サイトはコチラ